森の野菜こまふぁーむ

山梨 安心・安全な無農薬野菜。糖度の高いとうもろこし,あんぽ柿,産地直送

みずがき 森の農園キャンプ場
キャンプ場
 

ブログ紹介

農園の行事や野菜の様子そして農園周辺の様子をお届けしています。

巨摩ファーム便り


お料理レシピ
森の食卓
 

商品カテゴリ

HOME»  About Koma Farm

About Koma Farm

巨摩ファームの  「心 」

巨摩ファームの心  「感動」と「幸せ」をお届けする。

美味しいものは、人を幸せにします。
お野菜を食べてくださったお客様に感動と幸せをお届けしたい。
「野菜嫌いの子供たちも喜んで食べる」そんなお野菜をお届けしたい。

 

 

「美味しいね!」という笑顔が食卓に溢れ、
食事の時間が楽しくなるそんな幸せな巨摩ファームの「森の食卓」を皆様にお届けいたします。
本当に良いお野菜は、人にも環境にも優しいお野菜です。そんなお野菜作りをしています。
美しい地球を子供たちに残したい、1000年、2000年続く農法「炭素循環農法」を基本として行っています。

 

炭素循環農法とは !?

落ち葉や木のチップなどの炭素資材を生のまま畑に入れ、畑ごと発酵させます。
自然の「森」を畑で再現する農法です。
森も木から落ち葉が落ち、それが微生物の働きにより分解され、森の栄養となり循環していきます。
巨摩ファームの畑は標高1200m付近、美しい山に囲まれた環境にありますので、
落ち葉をふんだんに使うことが出来ます。
落ち葉だけではなく、分解速度の遅い「木のチップ」や「もみ殻、米ぬか」、そして地元でも美味しい!
と評判のお豆腐屋さんの「おから」も入れています。




春の畑の準備のため、森の落ち葉や米ぬかなどを畑に入れています。畑が落ち葉でふかふか。
まるで落ち葉のベッドです。これを落ち葉が落ちる11月から3月まで行います。





炭素資材であるチップや落ち葉が沢山畑に入っている様子。
この資材を微生物が分解して、ふかふかの良い土にしてくれます。





畑の土が団粒化され柔らかいので、棒が1m以上も刺さります。

 

育った野菜たちの様子

巨摩ファームの環境

標高1200mの美しい森と豊かな水に恵まれた、みずがき山の麓に位置する自然環境豊かな農場です。
その昔、武田信玄公が戦の傷を癒したと言われている世界一のラジウム含有量を誇る「増富温泉」や、
至る所に軟水、硬水が湧き出でるミネラル分豊富な土地と東京からわずか2時間ほどにもかかわらず、
都会の喧騒を忘れさせる、白樺の森が広がる自然豊かな環境です。
そこでとれる巨摩ファームのお野菜は、「力強い」、「昔懐かしい野菜の味がする」などと
お客様よりご好評をいただいております。